軽量Linux:Firefoxがバージョンアップ 58.0.1に!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


Mozilla社は1月29日(米国時間)、Webブラウザー「Firefox」の最新安定版v58.0.1を公開しました。

このバージョンでは、既定のセキュリティポリシーを利用していない特定のWindows環境でWebページが表示されない問題が修正されました。

さらに、脆弱性の修正も行われているので、Firefoxを使っている方は、バージョンアップした方が良いでしょう。

Mozilla社が公開したセキュリティアドバイザリによると、今回のアップデートで修正された脆弱性は1件です。

ブラウザーUIでサニタイズされない出力があり、任意のコードが実行できてしまうというもののようです。

脆弱性の深刻度は、Mozillaの基準で4段階中最高の「Critical」となっているので、先ほども述べたとおり、なるべく早いアップデートが推奨されます。

「Firefox」はWindows/Mac/Linuxなどに対応する寄付歓迎のフリーソフトで、現在MozillaのWebサイトからダウンロード可能ですが、すでにインストールされている場合は、「Firefox」の更新機能でアップデートすることも可能なので、更新機能が簡単だと思います。


Firefoxの更新作業!

以前のバージョンのFirefoxがすでにインストールされている場合は、Firefoxのメニューから「Help」→「About Firefox」と進むと、自動的にダウンロード が始まります。





ダウンロードが終了すると、再起動を求められます。





最新版になりました。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿