軽量Linux:日本語DebianDog Stretchの仕事環境を整える!

DebianDog StretchにChromiumブラウザ、WPS Office をインストール!

Zstepさんの開発された「mklive-stretch(日本語システム版) で作成したDebianDog Stretchの完成度が高く、「Synaptic Package Manager」が使え、apt-getも使用できる Puppy Linuxということで、本格的に仕事に使用できるように、ブラウザー Chromiumとスイートオフィス WPS Officeをインストールすることにしました。 1 Synaptic Package Manage



2 apt-get



この DebianDog Stretch は Puppy Linuxと正統派のDebianDogの良いとこ取りをしたOSのような気がしています。

以前は、DebianDogの日本語化は手間がかかりましたが、「Zstepさんの開発された「mklive-stretch(日本語システム版)」 のおかげでずいぶんハードルが低くなりました。



起動時のCPU使用率と使用メモリー

DebianDog Stretch を起動したときの、CPUの使用率は5%、使用メモリーサイズは105MBと軽量なOSであることは 間違いないようです。

新しいユーザーを登録する

 DebianDog Stretchには、デフォルトで rootとpuppyがユーザー登録されていますが、ここでは自分の名前でユーザーを登録してみます。

「メニュー」→「Add new user」から新しいユーザーを登録します。



DebianDog Stretch を起動した時にはユーザーはrootになっていますが、

「Ctrl」+「Alt」+「BackSpace」で 端末表示に切り替わるので。「login ユーザー名」で一般ユーザーに切り替えることができます。

Chromiumなど、「root」では本来起動できないものを使用する時には便利ですし、一般的にUnixユーザーは管理者「root」 権限でOSを操作するのを嫌うので、本格的なUnixの気分を味わうのもいいかもしれません。

最新のChromiumのインストール!

僕にとって、仕事に必要なブラウザー Chromiumも「Synaptic」が使用できるDebianDog Stretchであれば簡単です。

「メニュー」→「設定」→「Synaptic パッケージマネージャ」を起動して、「chromium」と「chromium-l10n」をインストール 指定して、「適用」をクリックするだけです。



これだけで、Chromiumの最新版がインストールでき、利用できるのはうれしい限りです。



Chromiumが利用できると、Chromeの「ウェブストア」が提供しているアプリケーションをインストールできるので、仕事がはかどること間違いないです。

オフィスアプリケーション WPS Officeのインストール!

次は、オフィスアプリケーションをDebianDog Stretchにインストールします。

http://wps-community.org/downloads から Linux版をダウンロードしました。

僕は、日本語化がうまくいく、wps-office_10.1.0.5707~a21_i386.deb をダウンロードしまいsた。

インストールは非常に簡単で、インストールしたいファイルを右クリックして、「install.deb(s)で開く」を選択するだけです。

下の図のように、「ワープロ」も「表計算」も「プレゼンテーション」も整っているので、重宝します。



日本語化は、右上の「A」をクリックして、日本の国旗を選択するだけでOKです。



ぜひ、DebianDog Stretchを試してみてください。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿