軽量Linux:Pupjibaro_wheezy_JWM をインストール!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!Pupjibaro_wheezy_JWM をインストール!

 DebanベースのPupjibaroの軽快さに惹かれて、使用することが多くなっています。

 ところで、Pupjibaroのダウンロードは、https://sourceforge.net/projects/pupjessie/ を良く参照にするのですが、本日このサイトに、

Released /pupjibarojessie_synaptic_UEFI_6.4.2_26032017.iso の文字がありました。



 うれしくなって、ダウンロードしてみようとしましたが、「ファイルが見つからない」というメッセージが出てきます。

 もう少し待つ必要がありそうです。

 Pupjibaroを扱っているウェブサイトが他にないか、検索してみると https://archive.org/details/Puppy_Linux_Pubjibaro というのがありました。

 そこには、pupjibarojessie_synaptic_UEFI_6.4.2_26032017.iso はなかったものの Pupjibaro_wheezy_JWM_1.0.6_22032015.iso というPuppyLinuxがありました。

 少し、古いですがDebianベースなのは間違いないので、いつものように「フルーガルインストール」しました。 <  日本語化は、http://shinobar.server-on.net/puppy/opt/ の lang_pack_ja-2.1.sfs だけで、簡単に行うことができました。

 すごく洗練されたデザインで、Shiba Inu Mate を連想させます。



 早く、pupjibarojessie_synaptic_UEFI_6.4.2_26032017.iso をインストールしてみたいのですが・・・


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿