軽量Linux:UPup Bionic Beaver (upupbb) 18.05 でMS WINDOWSのアプリケーションを動作させる!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


UPup Bionic Beaver (upupbb) 18.05 で動作するポータブルWineをインストールしてみました。

portable-wine version 3.3_v2.1 は下記のリンクからダウンロードできます。

portable-wine version 3.3_v2.1のダウンロード



ダウンロードした「wine-portable-3.3_v2.1.tar.gz」を解凍します。

すると、「wine-portable-3.3_v2.1」というフォルダが作成されて、その中に「Wine」の実体があるはずです。



このファイルを /mnt/home にコピーします。



このアイコンを右クリックして、「Wineの設定」を選択すると、これだけで「Wine」が使えるようになります。




MS WINDOWS用のエディターの定番 秀丸エディターをインストールしてみました。



Puppy Linux上で「秀丸」が動作しています。



また、今回インストールした Wine は、.Net Framework もインストールされているので、インターネットを利用するアプリケーションも正常に動作します。

僕は、「Evernote」なども利用しています。



スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿