軽量Linux:LxPupScやUpup-Bionic-Beaverで動作するWineが公開!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


Ubuntu 18.04をベースにした 「Upup-Bionic-Beaver」や「LxPupSc」でMS WINDOWS用に開発されてフリーソフトを動作させたいといろいろと試していましたが、すっきりとはうまくいかない状況が続いていましたが、偶然次のような記事を発見し、解決することができました。

Puppy Linuxの本家フォーラムの記事です。

Portable Wine

Thank you, mikeslr, for this new version of portable wine.

Portable Wine version 3.3_v2.1 works with LxPupSc very well.

PortableWineのダウンロードは

http://www.mediafire.com/?mso58025te7mz

からできます。

また、

ArtfulPup (& Upup-Bionic-Beaver-RC)

では、wine-3.6_v3.2.pet が紹介されていました。wine-3.6_v3.2.pet は下記のリンクからダウンロードできます。

https://lilfile.com/cVulVg


実際に、「LxPupSc」には、wine-3.6_v3.2.pet を 「Upup-Bionic-Beaver-RC」には Portable Wine version 3.3_v2.1 をインストールしてみましたが、 どちらも満足のいく結果が得られました。

どちらの Wine にも 「.Net Framework」がインストールされているので、インターネットを利用している MS WINDOWS版のアプリケーションにも有効でした。

下のスクリーンショットは MS WINDOWSでは有名なテキストエディターの秀丸を「LxPupSc」で起動しているところです。



ぜひ、バージョンアップされた Wine を使ってみてください。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿