軽量Linux:Googleの話題の新OS「Fuchsia」を試してみました!

Googleの話題の新OS「Fuchsia」のデモを試してみました!


Google(グーグル)が開発中の新OS「Fuchsia(フクシア)」のデモサイトが公開されています。

LinuxベースのAndroidやChorme OSとは異なり、Google独自のカーネル(OSの中核部分)を使用しているそうです。

モバイルとPC両対応のOSということなので、将来的にはAndroidとChrome OSが統合ということも視野に置いている気がします。

以前からFuchsiaの具体的なユーザーインターフェースは、熱心なデベロッパーの人たちによって公開されていましたが、SLASH GEARによると、RedditにてこのOSを一般の人たちでもブラウザ上で試せるデモページが公開されました。

しかも、モバイル、PCどちらのブラウザからでもアクセスできるようになっています。

どうぜなら、WebOSのようにブラウザーだけで、完結するようなOSの提供にならないでしょうか。

僕はいつも、ブラウザーだけで、仕事が完結できる環境を夢見ています。

早速、デモページにPuppy Linuxでアクセスしてみました。

OS「Fuchsia」デモページ

残念ながら、デモではGoogleのユーザーアカウントでサインインはできず「Guest」としてOSにアクセスする仕様になっています。

「LOGIN」という文字が見えますが、実際には機能しませんでした。

最初にデモページにアクセスした画面です。



「+」記号をクリックして、「GEST」をクリックしてログインしました。





それぞれのアプリケーションをクリックしてみました。




まだ、何も機能は試すことはできませんが、カード式のユーザーインターフェースを採用しているようです。

このユーザーインターフェースを見た時に、「Google Keep」を連想してしまうのは僕だけでしょうか?



Chrome OS や Android OS を確立させてきた Google だけに期待は膨らみます。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿