軽量Linux:Gmailが大規模アップデートを実施!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


使わないことはほとんどない言っても良いくらいの「Gmail」が大きく変身しました。

新しいデザインのWeb版のGmailは、画面右上の歯車アイコンをクリックして「新しいGmailをお試しください」と表示されていれば、利用可能です。



新しいデザインに変更してみました。




受信者に転送や印刷を禁止、メッセージの自動消滅もできるように!

興味深い機能としては、機密性の高い内容をメールで送らなくてはならない時のために、受信者が転送やコピー、ダウンロードや印刷できないように設定できるほか、指定した時間が過ぎるとメッセージを消滅させる設定も可能になる。と書かれていましたが、僕の場合はまだその機能は追加されていませんでした。

Googleの説明によると順次使用可能になるようです。

これができるようになれば、ますます「Gmail」への依存度が高くなると思います。

また、、画面右端にはGoogleカレンダー、Google KeepやToDoリストにアクセス可能になっています



さらに、数日前に受信したまま返信していないメッセージや、送信したものの返信が来ていないメッセージにリマインダを表示できるそうです。

Googleの素晴らしいところは、新しいデザインに更新しても、もとのスタイルに戻すことができる点です。

ユーザーのことを考えての措置だと思いますが、選択をユーザー自身が行えるのは助かります。

速く、新しいデザインの「Gmailの機能」が使えることを願っています。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿