軽量Linux:BionicDogの正式版が公開!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


本家Puppy Linux フォーラムをのぞいていると、「BionicDog (Ubuntu 18.04 'Bionic Beaver' LTS) 32 bit and 64 bit」のタイトルが・・・ どうやら、BionicDogのベーター版から正式版になったようです。

BionicDogの正式版は下記のリンクからダウンロードできます。

BionicDog (PuppyLinux Forum)

僕は、32bitのコンピューターしか持っていないので、

Iso 32-bit: BionicDog32_2018-04-21.iso Size: 305MB

の方をダウンロードしましたが、もちろん64bit版も公開されています。



なお、BionicDog のウェブサイトも用意されています。

BionicDog ウェブサイト




BionicDogのインストール!

BionicDogのインストールはかんたんです。ダウンロードしたISOファイルの内容を表示させて、「casper」フォルダを丸ごと、用意したパーティションにコピーするだけです。

後は、「menu.lst」に下記のようなスクリプトを追加するだけです

title BionicDog32-2018-04-21 (sda7)
root (hd0,6)
kernel (hd0,6)/BionicDog32_2018-04-21/casper/vmlinuz noauto from=/BionicDog32_2018-04-21/ changes=/BionicDog32_2018-04-21/casper/
initrd (hd0,6)/BionicDog32_2018-04-21/casper/initrd1.xz

僕は、いくつかのBionicDogをインストールして、試しているので、「BionicDog32_2018-04-21」 というフォルダを作成して、

その中に「casper」をコピーして使用しています。



BionicDogの日本語化!

インストールが終われば、後は日本語化のみです。

これは、Zstepさんが提供されている

BionicDog Beta用 fcitx-mozc-root テスト版

で簡単に行うことができました。



デフォルトのブラウザーは、「Firefox Quantum」が採用されています。



BionicDogは、Ubuntu 18.04ベースに開発されています。Ubuntu 18.04は、2年に1回リリースされる長期サポート版なので、そのサポート期間は2023年4月までの5年間の長期間になります。

末永く、安心して使えそうです。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿