軽量Linux:Adobe Flash Player が 29.0.0.140に!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


米Adobe Systemsは4月10日、「Adobe Flash Player」の最新版v29.0.0.140を公開しました。

これは、脆弱性を修正した月例のセキュリティアップデートとなっています。

同社が公開したセキュリティ情報(APSB18-08)によると、今回のアップデートで修正された脆弱性はCVE番号ベースで6件となっています。

この脆弱性は、リモートからの任意コード実行や情報漏洩につながる恐れがあり、Windows/Mac/Linux版デスクトップランタイムや「Google Chrome」用プラグイン、「Microsoft Edge」「Internet Explorer 11」用のプラグインのv29.0.0.113およびそれ以前のバージョンに影響すると報告されています。

なお、深刻度の内訳は同社基準で3段階中最高の「Critical」が3件、2番目に高い「Important」が3件となっています。

同社はLinux版を除くすべてのプラットフォーム版で更新プログラムの適用優先度を「2(悪用の可能性は低いが早めに更新するのが望ましい)」と定め、なるべく早いアップデートを推奨しています。

すぐに対策をした方が良いのは言うまでもありません。

TahrPup6.0.6 に導入した 「Chromium 65.0.3325.181」 の 「flash player」を手動でバージョンアップ!

前の記事で、懐かしい「TahrPup6.0.6」に「Chromium 65.0.3325.181」をインストールしたことを報告しました。

今回は、この Chromiumに 最新版の Flash Player を導入します。

Chromiumには Puppy Linux 関連のウェブサイトが公開している ChromiumのSFS形式で無い限り、一般的には Flash Playerはバンドリングされていません。

そこで、まず Flash Player をどこに保存するかを決定する必要があります。

僕は、「/usr/lib/chromium-browser」の中に「PepperFlash」というフォルダを作成して、ここにFlash Playerを保存することにしました。



次に、https://get.adobe.com/jp/flashplayer/ から、Flash Player をダウンロードします。

ダウンロードした「flash_player_ppapi_linux.i386.tar.gz」を解凍すると、下記のようなファイルが生成されます。



この中で、必要なものは、「libpepflashplayer.so」と「manifest.json」のみです。

この2つのファイルを先ほどの 「PepperFlash」にコピーしました。




これで、準備は整いましたが、最後に Flash Player の場所を明示的に Chromium の起動スクリプトに書く必要があります。

僕の使っているスクリプトは下記のようになります。

#!/bin/sh
BROWSER=chromium
flashver=$(grep '"version":' /usr/lib/chromium-browser/PepperFlash/manifest.json | cut -d\" -f4)
env GTK_IM_MODULE="xim" chromium-browser --no-sandbox --disable-infobars --ppapi-flash-path=/usr/lib/chromium-browser/PepperFlash/libpepflashplayer.so --ppapi-flash-version=${flashver} --disk-cache-dir=/tmp --disk-cache-size=10485760 --media-cache-size=10485760

このスクリプトを chromium.sh で保存し「実行可能」にします。

このスクリプトをクリックすると Chromium が起動しますが、スマートではないので、スクリプトを実行するためのショートカットを作成しました。

実際に、Flash Playerが機能しているか調べました。

Flash Player の状況確認 にアクセスすると、簡単に確認することができます。

木が成長してタイヤのブランコが揺れているアニメーションが表示されました。



「You have version 29,0,0,140 installed」と表示され、Flash Player が最新版になっていることが確認できました。



スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿