軽量Linux:カーネル4.1.30のTahrPup6.0.6でChromium Ver65を動作させる!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


TahrPup6.0.6 はUbuntu 14.04 Trusty Tahr をベースにした Puppy Linuxです。

そのままの TarPup6.0.6 を使ってもいいのですが、Puppy Linuxの本家フォーラムを見ると、

Tahrpup 6.0.6 with the 4.1.30 Kernel & updated apps

とカーネルのバージョンを上げ、アプリケーションもアップデートした TahrPup6.0.6 が公開されていたので、こちらを使うことにしました。

ダウンロードリンクは下記になります。

http://www.mediafire.com/file/cc6m3wc6wtq95ln/tahr-6.0.6-k4.1.30-uefi.iso

日本語化の方法は、lang_pack_ja-2.1.sfs を使用すれば簡単に 行うことができました。



驚いたのは、デスクトップです。

アイコンが「quickpet」しかありませんでした。

ところが、/usr/share/applications を見てみると、

「XnView」だとか、 「vlc」とかのアプリケーションも導入されているのがわかりました。



「XnView」を起動してみました。



「vlc」を起動してみました。



がぜん楽しくなって来ました。


TahrPup6.0.6 に Chromium Ver 65 を導入する!

日頃、一番使うアプリケーションといえば、ブラウザーです。

今回は、TahrPup6.0.6 に Chromium Ver65 を導入したいと思います。

このとき参考になるのが、パピーリナックス日本語フォーラムの Chromium の sfs (Tahrpup 32bit 用) になります。

そこには、次のように書かれています。

本家フォーラムに、Chromium の sfs があるのですが、Tahrpup ではバージョン52を使用するように案内されています。(この作者さんの sfs は本来、LxPup 用です) 新しいバージョンは Tahrpup では使えないのかという問い合わせに、作者さんは、もっと新しいOSを使うようにと勧めています。しかし、さすがにこれはおかしいと思うのです。なぜなら、オフィシャルな最新版が Tahrpup 6.0.5 なのですから。

ubuntu tahr のレポジトリには、Chromium のパッケージがあります。それをインストールすれば動くはずです。問題は、サイズがとてつもなく大きいということです。save file を消費します。それで、deb パッケージを展開して sfs にまとめました。

このバージョンを動かすには、libgtk-3 (及び関連ファイル)に加えて、libnss3_3.28.4, libnspr4_4.13.1 も必要です。libnss と libnspr は tahrpup に含まれています(already installed)が、アップデートが必要です。パッケージマネージャのデータベースを更新した上で、これらのパッケージをインストールする必要があります。(Tahrpup 6.0.6 はアップデートの必要なし)
上記に書かれているように、TahrPup6.0.6であれば、何もバージョンアップしなくても良いようです。

「thinkpadnerd」さんが開発された

chromium-65.0.3325.181-i386.sfs (gz 圧縮)

をダウンロードしました。

その後、下記のような起動コマンドを作成した上で、デスクトップ上に Chromium のショートカットを作成しました。

起動コマンド(例)

env GTK_IM_MODULE="xim" chromium-browser --no-sandbox --disable-infobars --disk-cache-dir=/tmp --disk-cache- size=10485760 --media-cache-size=10485760



これで、TahrPup6.0.6 上で Chromium が 動作するようになりました。



さらに、Chromium を 「root」 ではなくて、「spot」で動作する方法も紹介されています。

制限ユーザ spot での起動

Login and Security Manager ( メニュー -> システム -> ) を利用します。

1. まず、Chromium の sfs をロード。すぐに起動するか尋ねられるので、起動しないで終了します。

2. /root/.spot-status をエディタで開いて chromium-browser=false という一行を追加します。

3. Login and Security Manager を起動して、chromium-browser にチェックを入れ OK を押します。(確認のウインドウが2回現れますが、読んで OK を押します)

4. /root/my-documents に chromium.sh を作ります。(実行属性を付ける必要があります。右クリック -> 新規作成 -> Script で作成すると、実行属性の付いたファイルができます。その後、右クリック -> 「テキストとして開く」で編集します。)

コード: 全て選択

#!/bin/sh
env GTK_IM_MODULE="xim" chromium-browser --disk-cache-dir=/tmp --disk-cache-size=10485760 --media-cache-size=10485760

アイコンは /usr/share/pixmaps/chromium-browser.png です。アイコンを設定して、chromium.sh をデスクトップにドラッグします。
ぜひ、TahrPupにChromiumを導入してみてください。

とても、軽快に動作します。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿