軽量Linux:衝動買い 日経Linux 5月号!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


いつもは、市民図書館で本を借りたり、毎月10日に無料で配布される雑誌をもらったりして、過ごしていますが、今回は、日経Linux 1,740円を衝動買いしてしまいました。

「特集1 フリーソフト総入れ替え 新定番52本」の他「Windows環境をLinuxで丸ごと引越しできる本」も付録としてついていました。

普段から、フリーソフトやWindows環境をWineで構築したりしている僕にとっては、魅力的なタイトルに思えて衝動買いしてしまいました。

1,740円あれば、多分節約すれば、3日間の食事をまかなうことができるはずです。

少しもったいない気がしましたが、日経Linuxを読み込んで、普段の仕事に生かして、元をとれるようにがんばろうと思い直しました。

最近、デフレ脱却とかいって、物価の上昇が続いていますが、困っているのは一般の庶民です。

安いものが沢山あるほうが、多くの方は幸せなのではないでしょうか?

一部の企業や株価ばかりを気にして暮らしている人はそう多くないはずです。

日本ももう少し、一般の国民を大切にしてほしいと思います。


少し、話がそれましたが、僕が購入した「日経Linux 5月号」です。



スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿