軽量Linux:PuppyLinux のインストール方法!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!たくさんのPuppyLinuxをUSBにインストールする方法!

 おはようございます。今日も起床とともに、PuppyLinuxを起動、メールとスケジュールをチェック!

 天気は雨です。

 桜は満開なのに、この雨で少し散ってしまいそうです。

 今日は、USBメモリーにPuppyLinuxを複数インストールする方法について書きたいと思います。

 PuppyLinuxの本家フォーラムをみると、毎日のように新しいPuppyLinuxが発表されています。

 どのPuppyLinuxが自分の仕事に適している調べるのも、休日の良いすごし方になるかもしれません。

 僕にとって、これは仕事に使えると感じているPuppyLinuxはDebian系のものが多いです。

 なかでも、

1 pupjibaro_jessie_fluxbox

2 stretch-700a1build3

ubuntu系であれば、

3 FluxPup161PAE

が軽快で、仕事にも趣味にも活用できます。

 このようにお気に入りのPuppyLinuxが複数ある場合には、USBメモリー(もちろんハードディスクでも構いません)にPuppyLinux の領域を一つ作成します。 僕は、Gpartedで下記のようにパーティションを作成しました。



PuppyLinuxと書かれた領域に複数のPuppyLinuxのフォルダを作成し、ダウンロードしたISOファイルの内容を表示してコピーするだけで インストールは完了です。

 ここでは、5種類のPuppyLinuxをインストールしています。



 先ほどもいったように、それぞれのPuppyLinuxのフォルダの内容は(例えば、pupjibaro_jessie_fluxboxであれば)次のようになっています。



 これは、インストールしたいPuppyLinuxのISOファイルをダウンロードし、内容を表示させてすべてをコピーしたものです。

 この後、それぞれのPuppyLinuxを起動するために、ブートローダーを作成するわけですが、 これは、メニュー→セットアップ→Grub4Dos ブートローダーの設定を起動させます。



 USBメモリーにPuppyLinuxをインストールしているので、この場合は sdb を選択、「このドライブ内だけを検索」 にチェックをいれました。



「OK」をクリックすると、

下記のように5種類のPuppyLinuxを起動できるようにブートローダーを設定してくれます。



これで、複数のPuppyLinuxを切り替えながら仕事ができるようになります。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿