軽量Linux:X tahrpup 2.0 JPがステキすぎる件!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯! X tahrpup 2.0 JP



rg66氏がthe latest version based on tahrpup-6.0.5 (32bit) with Xfce-4.12 and comes with the 3.14.56 PAE kernel. として「X-tahr-2.0.iso 20-Aug-2016 06:16 ( 222M )」 を公開してくれています。

詳しい情報は

フォーラム

http://www.murga-linux.com/puppy/viewtopic.php?t=99849

をごらんください。

その X-tahr-2.0 を 犬厨工房さんが日本語化してくれています。

ダウンロードは

X-tahrpup-2.0_JP_2016.10.04.iso(258.8 MB) からできます。

ここで、提供されている X-tahrpup-2.0_JP は日本語化だけでなく、日本語入力に MOZCを導入してくれています。

そのため、日本語変換の精度が極めて高くなっています。



さらに、源ノ角フォントも導入されているので、美しい書体をブラウザや文書で使用することができます。



 下の図は、デスクトップの画面ですが、カレンダーや時刻も表示するようになっていて、エレガントな仕上がりになっています。



 ただ、デフォルトのブラウザは、lightが導入されています。軽くて良いブラウザなのですが、僕はSeamonkeyをインストールしました。



 ここは、好みがわかれるところだと思います。

 いずれにせよ、素晴らしいPuppyLinuxだと思います。日本語変換にMOZCを利用できることだけでも、価値があると思います。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿