軽量Linux:TahrPup-6.0.6を仕事用のOSにデスクトップを変更!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯! TahrPup-6.0.6を目にやさしいOSに!

 おはようございます。朝起きたら、いつものようにサクッと、PuppyLinuxでメールチェックとスケジュールの確認をします。

 今日は、PuppyLinuxの見た目のお話です。

 仕事場や家でもPuppyLinuxを使うことが多くなると、目が疲れない環境にしたいものです。

 華やかなデスクトップやウィンドウはきれいですが、長時間使用すると目が疲れる感じがします。

 以前、初期のころのマッキントッシュを使っていましたが、そのころは「ビジネスにカラーはいらない」 というコンセプトで、モノクロの画面だったと思います。

 確かに、文書作成や表計算などを使っての仕事は、目に優しかったと思います。

 そこで、最新のTahrPup6.0.6 をベースに日本語化して、目にやさしいPuppyLinuxを構築してみました。

1 TahrPup6.0.6のインストールと日本語化は、「軽量Linux:PuppyLinux TahrPup-6.0.6 を日本語化してみました!」 を参考にしてみてください。

2 続いて、デスクトップのモノトーン化に挑戦してみます。

PuppyLinuxのメニューからデスクトップ→「JWMDesk マネージャー」を立ち上げます。



「背景」のアイコンをクリックして、「LightGray.svg」を選択しました。



2 続いて、同じく「JWMDesk マネージャー」から、「アイコンテーマ」を選択して、「JQ8raised」を選びました。



3 さらに、同じく「JWMDesk マネージャー」から「GTK テーマ」を選択して、「Shiny」を選びました。

以上の一連の操作によってTahrPup6.0.6は越したの図のような環境になります。



 次に、僕のお気に入りのブラウザであるChromiuとOperaを導入しようと考えました。

PuppyLinuxのパッケージマネージャーを立ち上げて、更新、chromiumと検索してみると、



Chromium 53の文字が見えます。少しバージョンが古いので、Chromiumはインストールしないことにしました。

そこで、Operaをダウンロード、手動でインストールします。 4 Operaの最新版は下記のurlからダウンロードできます。

http://www.opera.com/ja



TahPup6.0.6 は Ubuntuベースなので、ダウンロードした debファイルをクリックするだけでインストールできます。



Operaのデフォルトのアイコンは「赤い」ので、モノトーンのデスクトップ環境には似合わないので、インターネットでモノトーンのアイコンを検索して、変更しました。



Operaを起動しました。



5 Operaを導入したら、導入したい拡張機能があります。

Gmail Notifier をインストールしてみました。





新着メールがあるとサウンドで知らせてくれ、Gmailをチェック、編集できます。







 Operaにはたくさんの便利な拡張機能があります。ぜひ、導入してください。  


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿