軽量Linux:PuppyLinux Strechのもう一つのバージョンがアップされています!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!PuppyLinux Stretch 「stretch-7.0.0a1_build2」

 最新のDebian StretchのパッケージがPuppyLinuxにも使えるということで、「stretch-7.0.0a1」のお世話になっている今日この頃です。

 これは、よくできたPupletsと感じたので、もう少し情報を得ようと、「PuppyLinux Stretch」で検索してみました。

 Puppy_Linux_Stretch というウェブサイトにたどり着きました。



「stretch-7.0.0a1」より落ち着いたデスクトップになっています。webar もありませんでした。

 PuppyLinux Stretchのウェブサイトと同じデザインの壁紙を使っているので、こちらの方の開発に力を注ぐつもりなのでしょうか?



stretch-7.0.0a1_build2 の日本語化

PuppyLinuxの最近のバージョンには必須の「sfs_load-3.0.3.pet」といつものシノバーさんの「 lang_pack_ja-2.1.sfs」 を使用することで、日本語化できるようですが、このPupletsは、lang_pack_ja-2.1.sfs だけで日本語化できました。

 DebianDogの開発が中止されてしまった今、DebianbeベースのPuppyLinuxの存在は貴重です。

 このPupletsの開発が存続してくれることを願います。

 このあとはブラウザのOperaやChromiumをインストールすることは言うまでもありません。  


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿