軽量Linux:Dpup StretchにWineをインストールしてMS WINDOWSのアプリを動作させる!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯! Dpup StrechにWineをインストール!



 今日は、休日ですが、やることはたくさんありそうです。メールとスケジュールをチェックして、モーニングでも食べに喫茶店にいくつもりです。

 ところで、PuppyLinuxでほとんどの仕事はできてしまうのですが、MS WINDOWS用に提供されている便利なフリーソフトを使いたいときが あります。

 そのために、今回はPuppyLinuxに MS WINDOWSのアプリケーションを動作させることのできる wine-portable-1.7.18-1-p4.tar.gz をインストール します。

 ダウンロードは http://shinobar.server-on.net/puppy/opt/ からできます。

 このサイトは lang_pack_ja-2.1.sfs など、有用な ツールがあるのですが、たまにダウンロードリンクをクリックしてもファイルそのものが正常にダウンロードできないときがあるので注意が必要です。

 PuppyLinuxに必要なツールなどはローカルな場所に保存しておくのがいいと思います。

1 wine-portable-1.7.18-1-p4.tar.gz を解凍して、できたファイルを /mnt/home に置きます。



2 後は、メニューからシステム→Wine WIndows Program Loader を起動して MS WINDOWSのアプリケーションを選択するだけです。





 僕は、EXEファイルをそのままクリックしてインストールしています。

3 まず、手始めに レタッチソフトの「Jtrim」、エディタの「TeraPad」、「BigEditor」をインストールしてみました。

 下記はJ「Jtrim」のインストールの例です。



その他のアプリケーションもインストール方法は同じです。

4 「Jtrim」を起動してみました。もちろん日本語入力もできます。



5 Biggeditorは時候の挨拶なども登録されていて、改まった文書を作成するときに、とても便利です。



僕がインストールしているMS WINDOWS系のアプリケーションを星の上に並べてみました。

 どれも、正常に動作しています。





スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿