軽量Linux:Gmailに情報保護モードが追加!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


自分のアカウントに、今日はじめて「Gmail」の「情報保護モード」が追加されているのを知りました。

これは送信方法に追加された新機能になります。

「情報保護モード」は、メール作成時に設定できる機能で、受け取った人が転送やコピー、ダウンロード、印刷するのを制限するとともに、メールに閲覧期限をかけることができるモードなのです。

僕は、メールはすべてGmailを使っています。この機能には期待大ですが、なかなか「情報保護モード」が現れませんでしたが、今日、ようやく使用できるようになりました。

メールで個人情報等をやり取りしなければいけないような場合に利用することができるでしょう。

運転免許証のコピーの提出とか、マイナンバー提出とか、受信者以外には知られたく名時に活躍してくれそうです。

この新しいGmailを利用するには、受信トレイの右上にある歯車マークから「新しいGmailをお試しください」を選べばOKなので、すく試してください。


「Gmail」の作成ボタンをクリックして、「時計とかぎ」のマークを選択すれば、「情報保護モード」が使えるようになります。



スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿