軽量Linux:Basix 4.0(Lubuntu 18.04)をインストール!

無料のOS 「Basix 4.0」 を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


Basix 4.0は、ubuntu18.04がベースとなっていて、デスクトップは「LXDE」を採用しています。また、カーネルバージョンは、4.15.0-20-genericとなっています。

このディストリビューションは、「ライブCDの部屋」さんが開発、公開してくれています。うれしいことに、日本語表示と日本語入力は、特に何も設定する必要はありません。

インストール直後から、日本語表示、日本語入力ができます。

ダウンロードは、下記のリンクからできます。

Basix 4.0のダウンロード

起動直後のメモリー使用量

起動直後のメモリーの使用状況は、下記のように、196MBとかなり軽量です。



予めインストールしているアプリケーションは、「FrefoxQuantum」、「テキストエディター」や「ターミナル」の他、わずかです。



しかし、「Synapticパッケージマネージャー」など、アプリケーションを導入するのに必要なツールは揃っているので、困ることはないでしょう。



また、「GDebi パッケージインストーラー」も用意されているので、deb形式のアプリケーションも容易にインストールできます。


僕の仕事は、ほとんどブラウザーのみで完結するので、この「Basix4.0」は「USBメモリー」にインストールして、Chromeと互換性のある「SlimJet」 を導入するのみにしました。



後は、仕事に必要なものをChromeが提供してくれている「ウェブストア」から導入すれば十分です。

最新のUbuntu18.04ベースで、最速の仕事環境がUSBメモリー上に構築できました。

この記事も、「Basix 4.0」で書いています。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿