軽量Linux:Puppy Linux おすすめ世界三大パピー!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


Puppy Linux をいろいろと使っていると、しっくり手になじむPuppy Linuxというものが見えてきます。

もちろん独断と偏見の部分はありますが、僕がLinuxやPuppy Linuxの勉強をさせてもらっている「極楽はぜ」さんのウェブサイトにも、次のような記述がありました。

ArtfulPup-17.11、Dpup-Stretch-7.5 と進み、世界三大パピーの中の最後の一つ、slacko-700 rc3 にまで来てしまいました。

世界三大パピーという意見には、まったく同感です。

いろいろなPuppy Linuxをインストールしては楽しんでいますが、仕事に利用するとなると、やはりこの3つのPuppy Linuxを使うことが多いような気がします。

今回は、この世界三大パピーを含め、インストールするのにおすすめなPuppy Linuxとして、ダウンロード先などを紹介したいと思います。

これに、aptやSynapticが使用できる、StretchDog、XenialDog、BionicDogが加えると、僕が推薦できるPuppy Linuxを網羅することになります。


僕が使ってみて推薦できるPuppy Linux一覧!

1 ArtfulPup



ダウンロードは

https://sourceforge.net/projects/zestypup/

がわかりやすく、最新版がダウンロードできます。



2 Dpup-Stretch-7.5



ダウンロード先は、下記を参考にしてください。

Dpup Stretch 7.5 CE (RC-2)

3 slacko-700 rc3



ダウンロード先は、下記を参考にしてください。

slacko-700 rc3

うえにあげた3種類のPuppy Linuxは、それぞれ

1 ArtfulPup は Ubuntuベース

2 Dpup-Stretch-7.5 は Debianベース

3 slacko-700 rc3 は SlackWareベース

となっています。

上記のPuppy Linuxを学習すると、どのようなPuppy Linuxも取り扱えるようになると思います。

あわせて、下記の3つのDog系のPuppy Linuxもふれておくことをおすすめします。

1 XenialDog



ダウンロードは下記のURLを参照にしてください。

Puppy_Linux_XenialDog

2 BionicDog



ダウンロードは下記のURLを参照にしてください。

Puppy_Linux_BionicDog

BionicDogは必ず「BionicDog32-alpha-2017-12-23.iso」や「BionicDog64-alpha-2017-12-23.iso」以降のものを使ってください。

古いものは、コンピューターの「BIOS」を壊す可能性があるようです。

3 StretchDog



ダウンロードは下記のURLを参考にしてください。

StretchDog

以上3つのDog系のPuppy Linuxは apt、Synaptic が使え、それぞれ

XenialDog、BionicDog は Ubuntu ベース、StretchDog は Debianベースとなっています。

Dog系のPuppy Linuxは下記も参考になります。

Welcome to Dog Linux

さらに、「ライブCDの部屋」に紹介されている 「linuxBean 16.04」など日本人にとても親切な設計になっていますので、ぜひ、挑戦してきてください。



スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿