軽量Linux:PuppyLinuxでAdobeAIRを動作させる!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯! AdobeAIRを動作させる!

おはようございます。

今日も、PuppyLinuxでメールとスケジュールを素早くチェック!

最近、気づいたのですが、PuppyLinuxを走らせるのに、大きなハードディスクはいりません。そこで、最近は

安価なシンクライアントの端末を5000円くらいで購入して、PuppyLinuxを活用しています。

シンクライアントは主に内部ディスクとして、コンパクトフラッシュやSSDを利用しているので、一般的に、本体そのものが 軽量にできています。

出張先で仕事をしたり、ブログの記事を書いたりするのには、もってこいの環境を手にいれることができます。

内部ディスクとの容量が足りなければ、小さなUSBメモリーを購入し、PuppyLinuxをインストールして、使用すれば、まったく問題はありません。

さて、今日の話題はPuppyLinuxに AdobeAIR を導入し、AdobeAIR 上で動作するアプリケーションをインストールする方法について 述べたいと思います。

残念ながら、AdobeAIRのLinux版の提供は終了してしまっています。



そこで、MS WINDOWS版の AdobeAIR をインストールします。

もちろん、MS WINDOWS 版の AdobeAIR をインストールするには、 Wine の環境が必要です。

Wine は wine-portable-1.7.18-1-p4.tar.gz を 利用しました。

Wine上で MS WINDOWS 版の AdobeAIR をインストールします。

1 まず、ダウンロードした AdobeAIRInstaller.exe をクリックします。



2 インストーラーが起動するので、「同意する」を選択します。



3 しばらくすると、AdobeAIR のインストールが終了します。

4 これで、AdobeAIR の環境が整いました。

ところが、最初は、AdobeAIR の実態がどこにあるのかわからず、戸惑いました。

AdobeAIR は Wine の 「Cドライブ」→「Program Files」→「Common Files」→「Adobe AIR」→「Versions」→「1.0」にあります。



階層が深いのです、僕は 「Adobe AIR Application Installer.exe」のショートカットをデスクトップ上に作成しています。



5 では、実際に AdobeAIR 上で動作する、「縮小専用」というアプリケーションをインストールします。

「縮小専用」は http://labo.i-section.net/shukusen-air/ からダウンロードできます。



6 では、「Adobe AIR Application Installer.exe」を起動して、「shukusen-air.air」を指定します。



7 後は、「続行」を選択して、インストールが終了するのを待つだけです。



8 無事、「縮小専用」のインストールが終了しました。



まだまだ、たくさんの有用な AdobeAIR 上で動作する アプリケーションが存在します。ぜひ、いろいろと試してみてください。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿