軽量Linux:軽量なPuppyLinuxの魅力!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!軽量なPuppyLinuxの魅力

今回は、軽量なLinuxの魅力について書いてみたいと思います。

僕たちはOS自体を利用して、仕事をしているわけではありません。いるとすれば、それはOSの開発者、またはシステムエンジニアの方でしょう?

僕たちはOSにオフィスアプリケーションやインターネット環境を整えて利用しています。

そのため、OSそのものが重く、仕事のスピードを妨げるようなことがあると、効率が上がらなくなります。

何のために、OSを使っているかわからなくなってしまいますね。

もともと、コンピューターは仕事の効率化を図るためのものでした。

そんな理由から、軽量なPuppyLinuxを探していると、次のようなウェブサイトを発見しました。

Puppy_Linux_8Geee

です。



このウェブサイトには、17種類のPuppyLinuxが掲載されていて、どれも100MB台のファイルサイズになっています。

そのうち、eee2017d.iso 15-Feb-2017 11:46 150.2M を試してみました。

インストールそのものはPuppyLinux標準のものが使えました。日本語化も lang_pack_ja-2.1.sfs で簡単に行えました。

ブラウザは Firefox27が導入されていましたが、僕は SeaMonkeyの最新版を導入しました。



何の問題もなく使用できるのですが、最初に起動したときは、壁紙がずれていて驚き着ました。

しかも、メニューに壁紙の設定が見当たらずに苦労しました。



これは、/usr/share/applications/ の中にある wallpaper.desktop を起動して、 「ストレッチ」を選択することで解決できました。



きれいな、デスクトップになりました。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿