軽量Linux:今注目しているPuppyLinux その2 LxPupSc!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!今注目しているPuppyLinux その2 LxPupSc!

今注目してるPuppyLinux その2は LxPupSc です。このPuppyLinux は Slackware をベースに開発されていますが、その開発ペースが実にコンスタントで、信頼がおけます。

本家のフォーラムでも、記事を見ている人が多い部類に入ると思います。

日本語のウェブサイトは

https://sourceforge.net/projects/lxpup/files/Other/LxPupSc/ になります。

このページの browsers には、

firefox-52.1.2esr-sc.sfs              2017-05-23 52.1 MB
opera.sfs                     2017-05-16 56.4 MB
chromium_58.0.3029.110+pepper_25.0.0.171.sfs 2017-05-14 54.1 MB
palemoon.sfs                    2017-05-10 33.4 MB
chromium.sfs                    2017-05-10 80.8 MB
firefox.sfs                      2017-04-19 47.3 MB
light-48.0.sfs                    2017-03-29 20.9 MB
seamonkey.sfs                   2016-12-23 43.7 MB とたくさんのブラウザーが提供されています。

中でも、最新の flash player が組み込まれた Google Chrome 互換の chromium_58.0.3029.110+pepper_25.0.0.171.sfs は大きな魅力になっています。

もちろんChrome ウェブストアに掲載されている、様々な拡張機能を使用することができます。



このブラウザーの開発もコンスタントに行われていて、最新のChromiumとflash playerのセットを使用することができます。

僕は、この多くの拡張機能から、下記のような拡張機能を導入しています。



LxPupSc の魅力は何といっても、この Chromium が使用できることです。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿