軽量Linux:日本語化してもわずか100MBのTHINSlacko-5.3.3t-SCSI_JP_20170120 をインストール!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!わずか100MBのPuppyLinux をインストール!

おはようございます。3日ぶりに記事を書きます。この間、出張などがあり、記事を書こうにも時間がありませんでした。

最近、PuppyLinuxの本家フォーラムをみていると、PuppyLinuxにしては巨大なファイルサイズや64bit対応のものが増えているような気がします。

PuppyLinuxは廃棄されてしまいそうなパソコンの再生がでっきるOSとの認識がやはりあります。

そんな、ポリシーをいつまでも継続してほしいと思います。

そんなパソコンで使えそうな、軽量なPuppyLinuxをみつけたので紹介したいと思います。しかも「犬厨工房」さんが日本語化して くれています。

インストールした直後から、日本語表示、日本語入力ができます。

しかも、日本語化された THINSlacko-5.3.3t-SCSI_JP_20170120 のファイルサイズは 110.4MB と超コンパクトなPuppyLinuxに仕上がっています。

この魅力的なPuppyLinuxは、以下のリンクからダウンロードできます。

THINSlacko-5.3.3t-SCSI_JP_20170120.iso (110.4 MB)

ただし、このISOファイルには、ブラウザが導入されていないので、後から導入する必要があります。

使用できるブラウザは限られているようですが、僕は比較的新しい、

firefox-45.9.0esr

をインストールしました。



やはり、100MB足らずのこのPuppyLinuxは、軽快です。

ネットに接続して、ブラウザ上で仕事をするときには、おすすめのPuppyLinuxだと思います。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿