軽量Linux:BionicDog (Ubuntu 18.04 'Bionic Beaver' LTS updated: 2018-06-04)にVivaldiをインストール!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


BionicDog (Ubuntu 18.04 'Bionic Beaver' LTS updated: 2018-06-04)のインストールに関しては、

http://linux-unofficial.blogspot.com/2018/06/linuxbionicdog-ubuntu-1804-bionic.html

で述べさせたもらいました。

BionicDogは、Ubuntu 18.04 Bionic Beaver をベースにした PuppyLinuxです。Ubuntu 18.04 Bionic Beaver は、2023年4月なでサポートされるLTS バージョンとなっています。

BionicDogは、ユーザー登録も可能で、一般ユーザーで操作可能になっています。



しかし、PuppyLinux では、root で操作する場面も多く? 今回は、素晴らしいブラウザー Vivaldi を root で動作させることを考えてみました。

Vivaldi といえば、あの有名な Opera の開発者が、Operaが中国企業に買収されたことをきっかけに、Operaから離れて、新たに開発、提供しているブラウザーです。

そういえば、Operaの話題は、買収前と比較すると、恐ろしく少なくなっています。

企業の信頼性は、やはり大切ですね。


BionicDogに信頼性抜群の Vivaldi をインストールする!

BionicDog に Vivaldi をインストールするには、 Vivaldiの本家ウェブサイトから Vivaldiのセットアップファイル をダウンロードすることから始まります。

https://vivaldi.com/?lang=ja_JP



僕は32bitのコンピューターしか持っていないので、当然 Vivaldi も 32bit版をダウンロードしました。



さて、インストールは実に簡単です。

ダウンロードした Vivaldiのセットアップファイルの上で、右クリックし、「Install deb(s)」を選択するだけです。



ここで、少しだけ注意することがあります。

インストールは、必ずインターネットに接続している環境で行ってください。Vivaldi をインストールするために足りないファイルがあった場合は、 自動的にダウンロードを行い、インストールするからです。

インストールが終了すれば、あとは root で起動できるように、スクリプトを作成しました。

これを、適当なフォルダに保存して、デスクトップ上にショートカットを作成します。

メニューにある vivaldi の項目は変更しないようにしましょう。

なぜなら、一般ユーザーでも Vivaldi を使用するからです。こちらの方が使用回数は多いかもしれません。



さて、僕が作成したスクリプトです。

#!/bin/sh

vivaldi-stable --no-sandbox --disable-infobars --disk-cache-dir=/tmp --disk-cache-size=10485760 --media-cache-size=10485760

これで、 root でも Vivaldi が実行できるようになりました。

デスクトップ上のショートカットです。



Vivaldi を起動してみました。



スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿