軽量Linux:Linuxユーザーグループの調査に興味津々!

人気Linuxディストリビューション最新ランキング!


2日間もブログを更新していませんでした。こんなことはあまりないのですが・・・

仕事が忙しかったせいもあるかも知れません。では、本題に戻ります。

55万人が加入してるLinuxユーザーグループ「LinuxQuestions」の調査がおもしろかったので、紹介したいと思います。

約1万人が投票に参加したこの調査では、最も人気のあるLinuxディストリビューションに「Ubuntu」が選ばれたそうです。

Ubuntuは以前から人気がありましたが、ここしばらくは、その人気に陰りが見えていました。それは、明らかにUbuntuのデフォルトデスクトップに採用された「Unity」に原因があったと思います。Ubuntuのデフォルトデスクトップは、2017年4月に「GNOME」に戻ったことにより、ファンを呼び戻すと同時に、新たなファンの獲得にもつながったと見られます。

しかし、Ubuntuはクリーンインストールのセットアップが短時間でできるのが魅力ですが、僕のように未だに32bitのコンピューターをメインに使っている人間にとっては、32bit用のディスクイメージの配布がないのは残念です。

僕が思うには、たくさんの予算があって、コンピューターをいくらでも買い換えることができるなら、MS WINDOWSがバンドリングされたコンピューターで仕事をするように思います。(僕自身はお金があってもLinuxを使い続けますが・・・)

32bitのコンピューターでも未だに仕事をしている人は多くいるとことを考え、そんな人たちを、Linuxの世界を体験してもらうには、32bitのディスクイメージは公開し続けるべきだったように思います。

わずかな差で2位になったのが「Linux Mint」でした。Mintは、使いやすいLinuxデスクトップを求めるユーザーや、WindowsからLinuxに切り替えようとするユーザーに人気があるのはご存知のとおりです。

しかも、この「Linux Mint」の公式ホームページを訪れてみると、きちんと32bit用のディスクイメージも公開されています。

https://linuxmint.com/download.php



もし、今後「Linux Mint」が「Ubuntu」の人気を追い抜くことがあれば、古いコンピューターを今も大切に使っているユーザーを サポートしようとする姿勢が見られるからだと思います。

それでも、「Linux Mint」でさえ、インストールメディアはCDでは対応できない大きさになっています。

そんなこともあるのでしょうか?、古くて低速なハードウェアでも動作するLinuxを求めるユーザーは、軽量ディストリビューション部門で「Puppy Linux」を選んでいます。この部門では「antiX」が僅差で2位となっています。どちらを使っても、1999年のPentium IIIを搭載したPCでさえ、高品質なLinuxを利用できるのはうれしい限りです。

明らかに僕はこのユーザーの一員です。


現在の僕のPuppy Linuxのデスクトップ画面です。



常に熱い戦いが繰り広げられるデスクトップ環境部門では、「KDE Plasma Desktop」が勝利したと報告されています。その後には、軽量デスクトップの「Xfce」「Cinnamon」「GNOME」が続いているようです。

また、例年通りの結果が出た部門も多かったようです。例えば、Linuxユーザーは以前からブラウザとして「Firefox」を好んでおり、今回の調査でも多くの人がFirefoxを選んでいます。Firefoxと2位の「Google Chrome」との票差は5倍にもなったと報告されているのは驚きです。

僕は、「Firefox Quantum」が公開されたタイミングで「Chromium」を使うことが多くなりました。どちらもインストールはしているのですが、「Firefox Quanrum」が今までのプラグインが使えなくなったのが大きな一因です。

メディアプレイヤー部門では、今回も圧倒的な差で「VLC media player」が選ばれています。

電子メール部門でも、例年と同じ「Mozilla Thunderbird」が選ばれていますが、Thunderbirdの開発がしばらく停滞していることを考えると、これは驚くべきことかも知れません。

テキストエディタ部門では、「vim」が古くからのライバルである「Emacs」に勝利したそうです。

一番驚かされたのは、ビデオメッセージングアプリケーション部門で、「Microsoft Skype」がトップにだったことです。SkypeがLinuxで利用できるようになってからすでに10年近く経っていることと、最近のUbuntuでは、「Skype on Linux」を簡単にインストールできるようになったことが原因かもしれませんが、Microsoft製品が1位になるのは、以前では考えられなかったことです。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿