軽量Linux:Google、EUでAndroidのGoogleサービスを有料化!

広 告: 自由な人生を手に入れる教科書!

アマゾンで第1位の書籍が無料で手に入るなんて・・・。

この電子書籍は、適当におすすめしているわけではありません。何度も自分で読んでみました。読み物としても面白いし、これから、「ネットビジネス」を 実際にやってみようという方にもう役立つと思います。



また、すぐにダウンロードすることに躊躇する方は、彼のブログを読んでみることをおすすめします。

アフェリエイトで1億円稼いで自由になった元皿洗いのブログ

本 文

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


欧州連合(EU)の政策執行機関である欧州委員会は7月、Googleに対しAndroidに関する独占禁止法違反について約43億ユーロ(約5600億円)の制裁金の支払いを命じていました。

もちろん、Googleはこの命令について不服とし、すでに上訴していますが、それとは別に、EU圏に対し、Androidに搭載するGoogleサービスの有料化を発表したのです。

もともと、欧州委員会から独占禁止法違反とされた内容は、Google検索とChromeブラウザのインストールを強制し、他のメーカー製アプリの利用機会を奪っているというものでした。これに対してGoogleは、この2つをバンドルすることで、他のGoogleサービスを無償提供できていると説明していました。

しかし、この訴えが聞き入れられないことに、Googleは反発しました。「だったら望み通りにインストールは強制しない。代わりに他のサービスの利用を有料化する」というのが、今回の発表の真意です。

これによりEU圏で端末を販売するメーカーは、Androidのデフォルト検索エンジンをBingにし、Firefoxをデフォルトブラウザとして出荷することも可能です。

ただ、その代償として、GmailやYouTube、Google PlayなどのGoogleサービスを利用するためにはGoogleとの有料ライセンス契約が必要になります。なお、今のところ、ライセンス料などの詳細は明かされていません。

このライセンス契約は10月26日以降に発売される端末について適用されるとのことでが、Android自体は引き続きオープンソースで提供されるほか、EU圏以外での変更はないそうなので、少し安心しています。

ライセンス契約はGoogleとメーカー間の話で、消費者には関係がないとはいえ、これが実施されれば、EU圏の端末価格の値上げなどの影響はありそうです。

結局いつでも、消費者につけが回ってくるのは、どの国でも同じ事のようです。

いろいろと、Googleに対しては非難もありますが、広告で収入を得たり、android os を無料でで提供するなど、世の中に貢献していると思うのです。

もちろん、企業ですので、その仕組みによって、利益を生み出さなければならないのは当然のことでしょう。

本来なら、EU圏の企業が、もっと素晴らしい新しいOSを開発し、無料で提供するくらいの気概を持ってほしいものです。

Googleの素晴らしいアイデアに対して、法をねじ曲げたような手段で対抗するというのは、いかがなものでしょう。

アイデアにはアイデアで対抗してほしいものです。

これと似たような事例で、日本の「TRON」の問題がありました。

素晴らしい、国産のOSで、日本で標準になりそうな気配でした。しかし、日本政府の判断で、だめになりました。

こんな間違った選択が、日本で起こらないことを願っています。

日 記:会社に雇われずに生きて行こうと思った!

何度も書いているように、僕は今年で定年を迎えます。

今日、その人事の面談がありました。

任されている組織の人事についてひと通り聞いてはくれましたが、僕自身のことについては、ほとんどふれてくれませんでした。

退職するもののことはどうでも良いのでしょう。

今まで、ともに頑張ってきたと思っていましたが、やはりこんなものです。

「だいぽん」さんの言われているように、これからは、極力、他の人や会社、環境に頼らない生き方が大切なんだと、つくづく思いました。

「自由な人生を手に入れる教科書」をもう一度読み直しました。何度も読むと、著者が言っていることの意味がより深く理解できるようになります。

もともと、読書は苦手な方でしたが、この「教科書」だけは別でした。



「会社に雇われずに豊かに暮らす!」・・・まさに、僕が考えていることはこのことなんだと、今日は、はっきり認識できたような気がします。

「会社に雇われずに豊かに暮らす!」を執筆した方が運営している「アフィリエイトで1億円稼いだ元皿洗いのブログ!」も、もう一度読み込んでみたいと思っています。



今後の生活設計について考えてみた!

今から、生活設計について考えてみました。

定年後は、給料はもらえません。

何かをして、生計を立てなければなりません。

しかし、これだけは守ろうというルールが僕にはあります。

1 人のためになることを行う。

2 そのために、投資はしない。すべて無料のものを使う。

無料でも、世の中にはたくさん良い物があります。

昨日、紹介した海岸に落ちている「シーグラス」のように・・・



3 無料のものを使って学習し、人の役に立つ情報を発信しながら収入を得る方法を模索していきたいと思います。

例えば、今日このようなものを見つけました。

アフィリエイトで使える無料素材提供サイトです。「アフィピク」といいます。



ここから、ダウンロードできるイラストは、無料なのはもちろん、商用利用OK、わずらわしいクレジット表記も必要ありません。

会員登録はしなくてはなりませんが、必要なのはメールアドレスだけです。

登録はこちらからできます。

アフィピク通信

こういう情報を、インターネット検索だけで、探しだそうすると膨大な時間がいると思います。

少しずつ、役立つ情報を発信しながら、生活して行こうと考えています。

具体的には、まだ何も決まってないのですが・・・


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿