日記:それでもおかしな会社で働き続けますか?

広 告: 自由な人生を手に入れる教科書!

アマゾンで第1位の書籍が無料で手に入るなんて・・・。

この電子書籍は、適当におすすめしているわけではありません。何度も自分で読んでみました。読み物としても面白いし、これから、「ネットビジネス」を 実際にやってみようという方にも、きっと役立つと思います。



また、すぐにダウンロードすることに躊躇する方は、彼のブログを読んでみることをおすすめします。

アフェリエイトで1億円稼いで自由になった元皿洗いのブログ

本 文

そろそろ自分の好きな事をして生活して行こうと思った!


今回はLinuxやコンピューターの話ではありません。

最近、考えていることで、夢にまで見ることを話してみようと思います。

実は、ここでお話することで、自分自身、決心しようとしています。

ところで、テレビでニュースを見ていると、おかしな政治家や起業家が国を私物化しているのがわかります。

いつのころから、国家は国民を利用することばかり考えているような気がしてなりません。

また、起業家は費用対効果のことばかりで、利益しか頭にはなく、社員を大切にすることを忘れてしまっています。

「リストラ」「低賃金」「ボーナスカット」「低い就職率」このようなことが報道されるたびに、国家や会社に頼って生きていてはだめだと思うようになりました。

もう、ほとんどの人が気づいているはずなのに、会社員や公務員になれば、安全だと勘違いしています。

一人で起業しようとか、会社員にならずに生きて行こうとすると、そんな「危ない」ことはやめたほうが良いと100%の確率で忠告されます。

でも、危ないのは、国や会社に頼って生きていく方ではないのでしょうか?

「リストラ」や「低賃金」、「ボーナスカット」が自分の責任だけだったら、納得もできるでしょう。

しかし、ろくに仕事もしないのに、上司にお世辞ばかりいっている社員が優遇されていたとしたら、どうでしょうか?

「要領の良い人はうらやましい!」で住む問題ではありません。

明らかに、そんな会社はおかしくなって、最終的に倒産します。

公務員の社会も同じようなものです。

いまこそ、頼るのは自分自身、守るのは家族です。

今述べたような国や会社は見放しましょう。

「自由な人生を手に入れる教科書」が僕を変えた!

あるとき、「自由な人生を手に入れる教科書」の存在を知りました。



「会社に雇われずに豊かに暮らす!」・・・まさに、僕が考えていること、ズバリのタイトルが目に飛び込んできました。

何か、期待しながらも、いつものように何か購入を促されるウェブサイトにリンクしているのだろうと思いながら、無料でなければ途中でやめようと思いつつ、ダウンロードをクリックすると膨大なページの書籍を手にれることができました。

また、この作者は、内容の充実した「アフィリエイトで1億円稼いだ元皿洗いのブログ!」も経営していることもわかりました。メールアドレスを登録しないで、書籍だけを手に入れたい方は、このブログからもダウンロードできますよ。



この教科書を読むとネットビジネスがどんなことで、今からどのように生きていけば良いのか知ることができます。

まさに、今読むべき「良書」です。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿