軽量Linux:わずか84.3MBのTazpupが7月31日にバージョンアップ!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


Tazpupの軽快さにふれて、ここ数日はTazpupを使うことが多くなっています。

しかし、Tazpupに関しては、インターネット上に、たくさんの情報があるわけでなく、試行錯誤してながら挑戦です。

そんな中で、昨日7月31日に

tazpup-5.0-alpha-18.iso  31-Jul-2018 11:25  84.3M

が公開されていました。

早速、インストールしてみて気づいたことは、

1 システムの時刻が正常に表示されるようになったこと

2 フィルダーやアプリケーションがシングルクリックで開くことができたり、起動できるように修正されていること。

以前のバージョンでも設定すれば可能でしたが、「tazpup-5.0-alpha-18」は最初からシングルクリックの設定がなされていました。

さて、今回のTazpupもデフォルトのブラウザーも以前のバージョンと同じように「Midori」になっています。



軽快なブラウザーで好感が持てるのですが、やや機能的に足りないところがあるので、今回はZstepさんが提供してくれている「PaleMoon」を導入することにしました。


TazpupにPaleMoonを導入する!

Tazpupの「PaleMoon」の情報は、

Re: TazPup Alph用日本語化パッケージ

にあります。

下記の情報をもとに、ファイルをダウンロード、解凍し、「SFS-Load on-the-fly」で、「palemoon-27.9.3sfs」を読み込むだけで、「PaleMoon」が使用できるようになります。



palemoon-27.9.3sfs

サイズ 36.7MB (38533120bytes)

ORIGINAL palemoon-27.9.3.tar

PASS slink

ダウンロード後のファイル名 Pp16762.tar

http://dambo.mydns.jp/uploader/file/Pp16762.tar.html

また、「Firefox」を利用するために必要なファイルも用意されています。

ffmpeg+GTK-3.sfs

サイズ 10.1MB (10557440bytes)

ORIGINAL ffmpeg+GTK-3.tar

PASS slink

ダウンロード後のファイル名 Pp16761.tar

http://dambo.mydns.jp/uploader/file/Pp16761.tar.html

僕は「Firefox Quantum」「PaleMoon」の両方をインストールしています。

「PaleMoon」を起動してみました。



クラウド環境が整っている現在、ブラウザーがあれば、ほとんどの仕事はできてしまいます。

後は、仕事に必要なアプリケーションを少しインストールするだけでよいと思います。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿