軽量Linux:「Firefox Test Pilot」の「Notes」がとても便利!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


もはや、アプリケーションもクラウドで利用する時代になっている気がします。

そうなれば、ノートパソコンには、個人の記憶装置としての「SSD」が搭載され、後はブラウザーとネット環境が整えられていれば、仕事に困ることはないでしょう。

「EverNote」や「Google Office」など、クラウドのアプリケーションとしては有名です。

さらに、今回紹介したいのは、「Firefox Notes」というアドオンです。

これはまだ、「Firefox Test Pilot」で紹介されているもので、多くのフィードバックを集めて、正式なアドオンにするかどうかを判断しているようなのですが、おそらく一般に公開されるものと思います。

「Firefox Notes」は、単純な機能ながら、「かゆいところに手が届く」というアドオンだからです。


Firefox Notesをインストールしよう!

「Firefox Notes」(以下 Notes)をインストールするには、まず、

https://testpilot.firefox.com/

にアクセスします。

そこから「Notes」の「使ってみる」をクリックするだけです。



「Notes」は、ブラウジング中にメモを取るためのシンプルなツールです。

Notes を開くには、Windows、Linux では: 「Alt+Shift+W」、Mac では: 「Opt+Shift+W」

ブラウザーを立ち上げて、仕事をしているとき、気になる言葉やウェブサイトの情報などをメモするときに役立つことでしょう。

もちろん、「EverNote」でも、もっと高機能なことができてしまいますが、手軽さから言えば「Notes」に軍配があがると思います。

自動的に、一行目に書いたことが、タイトルとして保存されるので、瞬時にメモを取るのに適しています。

さらに、他のノートパソコンやデスクトップパソコンからメモを見るには、

メモを同期 を選択して Firefox アカウントへログインすれば良いだけです。





僕は「メモ」に書式を設定することはあまりないのですが、書式設定もできるようです。

書式を設定するには、ツールバーか以下のコマンドを使うことができます。

見出し: #、## あるいは ### とその後に空白 1 文字を行頭に付けることで、見出し 1、見出し 2、見出し 3 となります。

太字: **テキスト** または __テキスト__

斜体: *テキスト* または _テキスト_

行頭文字付きリスト: * あるいは – とその後に空白 1 文字を行頭に付けます

番号付きリスト: 1. あるいは 1) とその後に空白 1 文字を行頭に付けます

この記事を書きながら「Notes」を起動させていますが、手軽なことこの上ないです。

実際に「Notes」を起動させて、記事をかいている様子です。



スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿