軽量Linux:Zorin OS 12.2 Lite 日本語版にDropboxをインストール!

Zorin OS 12.2 Lite 日本語版にDropboxをインストールして仕事の効率化を図る!

Zorin OS 12.2 Lite 日本語版をインストールして、仕事に活用することを考えています。

自宅や職場、出張先でシームレスに仕事を進めるためには、「オンラインストレージサービス」が必須になってきます。

その中でも、「Dropbox」は、指定したフォルダ内のファイルを、「Dropbox」サーバー内のディスクスペースに自動でバックアップしたり、複数のパソコン間で自動同期させることができるサービスとなっていて、いちいち手動で同期操作を行わなくても、自動でバックアップをサーバー上に作成してくれるので手間がかからりません。 さらに、自宅のデスクトップと、出先で使うノートPCで同一のファイルを参照したいといった場合にも便利に使えます。

そこで、今回は、Zorin OS 12.2 Lite 日本語版にDropboxをインストールすることにしました。

1 まず、Dropboxのクライアントをダウンロードします。

ダウンロード URL は、

https://www.dropbox.com/install-linux

になります。

僕は、「Ubuntu (.deb) 32-bit」版をダウンロードしました。



スポンサーリンク



2 次に、ターミナルを起動して、

$ sudo gdebi-gtk

として、gdebiのGUI版を立ち上げました。



後は、ダウンロードした「dropbox_2015.10.28_i386.deb」を指定して、「Install Package」をクリックするだけです。

無事、インストールが終了しました。



「Dropboxクライアント」のインストールが終了すると、次のようなウインドウが現れます。「OK」をクリックします。



次のようなウインドウが現れて、インストールが始まりました。



「Start Dropbox」をクリックします。



ブラウザが起動するので、「Dropbox」にログインします。



ログインが終了すると、ホームディレクトリに「Dropbox」のフォルダが作成されているはずです。



僕は、簡単にファイルを共有できるように、「Dropbox フォルダ」のショートカットをデスクトップに作成しています。このフォルダに共有したいものをドラッグ・ドロップすれば、どの端末からでも共有することができます。



スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿