軽量Linux:PuppyLinuxにwine-portable-3.3_v2.1をインストール!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


今回は、今年に4月に公開された wine-portable-3.3_v2.1 をUPup Bionic Beaver (upupbb) 18.05 にインストールしてみました。

「Portable Wine」の情報は、下記のURLにアクセスすると得ることができます。

http://murga-linux.com/puppy/viewtopic.php?t=91748&start=45&search_id=8416863

「wine-portable-3.3_v2.1」は下記のリンクからダウンロードできます。

http://www.mediafire.com/?mso58025te7mz



一旦 Wine 環境が構築できると、MS WINDOWS用のアプリケーションのインストール方法は、WINDOWSと同じです。

手始めに、8月に新しく公開された「秀丸」をインストールしてみました。

新しく公開された「秀丸」は、下記のような新機能が追加されています。

・DirectWrite使用時の縦書き対応。
([その他]→[動作環境]→[表示/操作]→[文字の描画]→[3Dグラフィックスアクセラレータによる文字の描画]がONのとき)

・BOX選択時の入力は自動的に幅ゼロの複数選択となるように変更。
([その他]→[動作環境]→[編集]→[高度な編集1]→[BOX選択中にキーを押すとその文字を各行に挿入する]の「...」で従来通りにもできます)

これから少しずつ、Wineで動作するアプリケーションをインストールしていきたいと思います。ご期待ください。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿