軽量Linux:BiaonicDog最新版をインストール Libreoffice6.0.0の導入 その後XenialPup 7.5 日本語化版 シンプルに移行!

BionicDogに新しいAlpha versionが公開!

パピーリナックス日本語フォーラムで活躍している Zstepさんによると、 Ubuntuのkernel 4.13にバグがあり特定機種のBIOSを壊すおそれがあるため kernel 4.14を使ったNew Alpha versionが公開されているそうです。

http://murga-linux.com/puppy/viewtopic. ... &start=840

Linux 4.13カーネルのバグについては

https://wiki.ubuntu.com/ArtfulAardvark/ ... pdeTpJj2w-

Zstepさんは「これは私見ですが、ubuntu 18.04自体が開発途中なのでもう少し様子をみたほうがいいかなと」も書かれています。

BiaonicDog Newバージョンのインストール!

Zstepさんの意見はもっともですが、新しいものの好きな僕は、さっそくインストールしてみました。

ダウンロードは下記の URLから行いました。

32-bit ISO: https://github.com/fredx181/bionicdog/releases/download/v1.0/BionicDog32-alpha-2017-12-23.iso Size: 298 MB

Md5sum: https://github.com/fredx181/bionicdog/releases/download/v1.0/BionicDog32-alpha-2017-12-23.md5

64-bit ISO: https://github.com/fredx181/bionicdog/releases/download/v1.0/BionicDog64-alpha-2017-12-23.iso Size: 306 MB

Md5sum: https://github.com/fredx181/bionicdog/releases/download/v1.0/BionicDog64-alpha-2017-12-23.md5

Firmware .squashfs module: https://github.com/fredx181/bionicdog/releases/download/v1.1/99-bionic_linux-firmware.squashfs

日本語化は、このブログでも何度も扱っている scim-mozc-root_3.0.4.1 amd64.deb / i386.debを使いました。

サイズ 29.1MB (30464000bytes)

ORIGINAL scim-mozc-root_3.0.4.1.tar

ダウンロード後のファイル名 Pp16037.tar

PASS slink

http://dambo.mydns.jp/uploader/file/Pp16037.tar.html

scim-mozc-root_3.0.4.1_amd64.deb (64bit)

scim-mozc-root_3.0.4.1_i386.deb (32bit)

使い方は

1、 Pp15900.tarを解凍

2、 端末を起動して apt update を実行

3、 scim-mozc-root_3.0.0_amd64.debまたはscim-mozc-root_3.0.0_i386.deb 右クリックしてinst.deb(s)を実行。

4、 instdeb-cliが立ち上がりインストールが始まります。
途中でDo you want to continue? [Y/n] と聞いてくるので Yを押して続行します。
日本語化に必要なパッケージで足りなものがdebian-Stretchのリポジトリよりダウンロード・インストールされローケールなどが設定されます。

5、 Done. Press any key to close ... と出たら何かキーを押してinstdeb-cliを終了です。

再起動後日本語環境となります。

日本語化された 新しい BionicDogです。



Libreoffice6.0.0のインストール!

LibreOfficeの本家ウェブサイトには、まだテスト版ですが Libreoffice6.0.0 が公開されています。

先ほど、インストールした BionicDogに導入することを考えました。

Libreoffice6.0.0のダウンロード



スポンサーリンク



まず、 Libreoffice6.0.0のダウンロードを下記のURLから行います。

https://ja.libreoffice.org/download/libreoffice-fresh/?type=deb-x86&version=6.0.0&lang=ja



ダウンロードした3つのファイル

LibreOffice_6.0.0.1_Linux_x86_deb.tar.gz

LibreOffice_6.0.0.1_Linux_x86_deb_langpack_ja.tar.gz

LibreOffice_6.0.0.1_Linux_x86_deb_helppack_ja.tar.gz

を解凍します。

それぞれ、解凍したフォルダのDEBSフォルダに入って



dpkg -i *.deb

を実行します。



以上で、LibreOffice6.0 のインストールが終了しました。



実際に、Writer を起動してみました。





XenialPup 7.5 日本語化版 シンプルにLibreOffice6.0を導入!

XenialPup 7.5 日本語化版 シンプルにLibreOfficeを導入するには、BionicDog にインストールした LibreOfficeのフォルダ(/optにある)ごと XenialPup 7.5 日本語化版 シンプルの /opt にコピーすれば終了です。

もちろん、XenialPup 7.5 日本語化版 シンプル も dpkg コマンドが導入されていますが、実際に使おうとすると、 root# dpkg -i *.deb

dpkg: error: failed to open package info file '/var/lib/dpkg/status' for reading: No such file or directory

となり、エラーが表示されてしまいました。

BionicDogでインストールしたLibreOfficeのフォルダごとコピーしたものをXenialPup 7.5 日本語化版 シンプルで起動してみました。



プレゼンテーションを選択してみました。

洗練されたスライドのデザインがたくさんありました。



僕は、仕事にLibreOfficeを使っていますが、何か問題が生じたことはありません。

時間があれば、LibreOfficeのことをまとめたウェブサイトを作成したいと思っています。

スポンサーリンク





スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿