軽量Linux:超軽量Linux TazPupにWineをインストールするまで!

無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!


先日も書きましたが、TazPup の PackaeManager から導入した Wineでは、日本語入力をはじめ、他の機能も、うまく動作させることができなかったので、PuppyLinuxに対応したPotableWineをダウンロードして活用することにしました。

結果は、日本語入力をはじめとし、ネットワークの機能を使用した アプリケーションなどもうまく動作しています。

Portable Wine のダウンロードとインストール!

Portable Wine は本家のPuppy Linux Forum を参考に 下記のURLからダウンロードしました。

http://www.mediafire.com/?mso58025te7mz



この中の

「wine-portable-3.3_v2.1.tar.gz」をダウンロードすることにしました。

上記のファイルをダウンロード、解凍して 「wine-3.3_v.2.1_7.0.8.6.sfs」だけをコピーしました。

これが、Potable Wineの実態なのです。



これを、「SFS-Load on-the-fly」で読み込むと Wineが使用できるようになります。



しかし、この 「wine-3.3_v.2.1_7.0.8.6.sfs」 はデフォルトで rootに 「Wineシステムドライブ」を作成する設定になっているので、改めて、「メニュー」→「システムツール」→「Wine Windows Program Loader」を起動して、ホームディレクトリ上に(ここでは ./tux)に「Wineシステムドライブ」を作成しました。

後は、ターミナルからインストールしたいMS WINDOWS用のアプリケーションを指定すると、インストールできるはずです。

例えば、「5chブラウザのJaneStyle」をインストールするなら、

ターミナルから

wine.sh /home/tux/Downloads/jane400_setup.exe

とします。なぜか EXEファイルをクリックしてもうまくインストールできませんでした。



JaneStyleのセットアップが始まります。



後は、MS WINDOWSでのインストールとまったく同じです。

JaneStyleがインストールできました。



僕はたくさんの MS WINDOWS用のフリーソフトを TazPupにインストールして仕事に活用しています。



ぜひ、Wine Portable をインストールして、TazPupの世界を広げてください。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿