軽量Linux:XenialDogで安定した仕事環境を整える!

USBメモリーからも起動できるXenialDogを使い、安定した仕事環境を整える!

XenialDogのダウンロード!

 まず、XenialDogをダウンロードします。一番わかりやすいのは、

Puppy_Linux_XenialDog by fredx181

だと思います。

ここから、

XenialDog_32bit-openbox_jwm-2017-01-22-firmware-all.iso 23-Jan-2017 16:23 304.0M

をダウンロードします。 XenialDog_32bit-openbox_jwm-2017-01-18-firmware-all.iso 19-Jan-2017 00:34 304.0M

もありますが、本家Puppy Linuxのフォーラムでは、新しいXenialDogが公開されたのでリンクが削除されています。

新しい方をダウンロードした方が良いと思います。

 XenialDogを安定した仕事環境作成のためのOSに選んだ理由は、大きくは3つあります。

1 XenialDogのベースになっている Ubuntu16.04  Xenial Xerus は 2016年4月21日 にリリースされました。偶数年の4月にリリースされているので、(LTS)5年間のサポートがあり、長期間であること、つまり、2021年4月までサポートされます。

2 フルーガルインストールをして、簡単にUSBメモリーから起動できること。

StretchDogはすばらしいOSですが、USBメモリーからの起動には一工夫いるようです。下記のURLを参照してください。

http://www.porteus.org/tutorials/37-installing/114-official-porteus-installation-guide-v-10.html#USB-linux

スポンサーリンク



3 rootだけでなく、一般ユーザーで操作できること。adduserで任意のユーザーを登録でき、操作できます。Puppy Linuxは ウィルスに対しては、ほとんど心配がないと説明されていますが、そのうえで、一般ユーザーで操作できるということであれば、さらにセキュリティーが強化できます。

XenialDogのインストール!

XenialDogのインストールは簡単です。

ダウンロードした XenialDog_32bit-openbox_jwm-2017-01-22-firmware-all.iso を別のPuppy Linux(僕はAutfulpup)を愛用しています。)でクリックします。



すると、ISOファイルの内容が表示されます。



フルーガルインストールに必要なのは「casper」フォルダだけです。

「casper」フォルダを、インストールしたい、内蔵ハードディスクやUSBメモリーのパーティションに丸ごとコピーします。

僕はパーティションを ext4でフォーマットしています。



これでインストールそのものは終了です。

最後に、ブートローダーの設定をします。

これは、既存のブートローダーの「menu.lst」に次のスクリプトを書き加えるだけです。

title XenialDog (sdb6)
root (hd0,5)
kernel (hd0,5)/casper/vmlinuz noauto from=/ changes=/casper/
initrd (hd0,5)/casper/initrd1.xz

環境によって変えなければいけないのは、(hd0,5)の数字の部分だけです、この場合は第1ドライブの第6領域に「casper」フォルダーをインストールした。という意味になります。

hdによる表現は、0からドライブや領域を数えるので、1つ少なくなると覚えるといいかもしれません。

インストールしたXenialDogを起動してみました。



XenialDogの日本語化!

「XenialDog」の日本語化は、「StretchDog」の日本語化と同じです。

日本語化の方法は、 Zstep さんの日本語パックの中から、今回は 32bit 版を使用します。

 この日本語パックは次々と改良版が公開されているので、最新版がどこにあるかわかりづらいですが、現在は下記のurlからダウンロードできます。

http://dambo.mydns.jp/uploader/file/Pp16037.tar.html

サイズ 29.1MB (30464000bytes)

ORIGINAL scim-mozc-root_3.0.4.1.tar

ダウンロード後のファイル名 Pp16037.tar

PASS slink

具体的な日本語化の方法は、

1 Pp15900.tarを解凍します。

32bit用と64bit用の2つのファイルが生成されます。

scim-mozc-root_3.0.4.1_amd64.deb (64bit)

scim-mozc-root_3.0.4.1_i386.deb (32bit)

2 端末を起動して apt update を実行します。

3 scim-mozc-root_3.0.0_i386.deb を右クリック、install.deb(s)を実行

4 Do you want to continue? [Y/n]、Yを押して続行します。

5 Done. Press any key to close ... any-keyを押す

6 再起動、完了です。

続きは、また日を改めて書いていきます。

もう、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、下記の題材はこのブログで取り上げたものばかりです。

それを一ヶ所にまとめて、さらにわかりやすく解説していきたいと思っています。

今後、予定している記事は下記のとおりです。

XenialDogにブラウザーをインストール!

役立つウェブストアアプリの選択!

オフィス環境を整える!最新版のLibreOfficeの導入!

リモートデスクトップ環境をインストール!



スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿