軽量Linux:BiaonicDogが公開!日本語化!

いよいよBionicDogが登場!

本家 Puppy Linuxフォーラムをながめていると、「XenialDog」の記事のなかに「BionicDog」の文字が・・・

BionicDogのベースは、Ubuntu 18.04 Bionic Beaver です。リーリスは 2018-04-26 予定となっていますが、既に アルファ版として入手可能のようです。

Bionic Beaverは、偶数年の4月にリリースされる予定なので5年(LTS)のサポート期間になります。

おそらく、Puppy LinuxのDog系も Bionicに移行していくものと思われます。

BionicDogのダウンロード!

BionicDogの記事は、下記のURLでみることができます。

XenialDog (Ubuntu 16.04 'Xenial Xerus' LTS, 32-bit)

BionicDogのISOファイルは下記からダウンロードできます。

Download:

ISO 32-bit https://github.com/fredx181/bionicdog/releases/download/v1.0/BionicDog32-alpha-2017-12-02.iso size: 297 MB

Md5sum: https://github.com/fredx181/bionicdog/releases/download/v1.0/BionicDog32-alpha-2017-12-02.md5

ISO 64-bit https://github.com/fredx181/bionicdog/releases/download/v1.0/BionicDog64-alpha-2017-12-02.iso size: 306 MB

Md5sum: https://github.com/fredx181/bionicdog/releases/download/v1.0/BionicDog64-alpha-2017-12-02.md5



スポンサーリンク



BionicDogのインストール!

BionicDogのインストールは簡単です。

適当なフォルダにISOファイルを保存して、別のPuppy Linuxなどで、ISOファイルをクリックして、内容を表示します。

1 保存した 「BionicDog」のISOファイル。



2 別のPuppy Linuxでクリックして内容を表示。



3 ここで必要なのは、「casper」フォルダだけです。

そっくりそのまま、内蔵ハードディスクの「sda6」にコピーしました。したの図ではたくさんのファイルやフォルダが表示されていますが、必要なのは「casper」フォルダだけです。



4 「BionicDog」を起動するために、ブートローダーの「menu.lst」に下記のようなスクリプトを追加します。

「sda6」に「casper」をコピーしたので、sda:第1ドライブ、6:第6パーティションになります。hdの記述は0からカウントするので、(hd0,5)となります。

title BionicDog (sda6)
root (hd0,5)
kernel (hd0,5)/casper/vmlinuz noauto from=/ changes=/casper/
initrd (hd0,5)/casper/initrd1.xz

これで、「BionicDog」が起動できるようになりました。

BionicDogの日本語化!

「BionicDog」の日本語化は、「XenialDog」、「StretchDog」の日本語化と同じです。

日本語化の方法は、 Zstep さんの日本語パックの中から、今回は 32bit 版を使用します。

 この日本語パックは次々と改良版が公開されているので、最新版がどこにあるかわかりづらいですが、現在は下記のurlからダウンロードできます。

http://dambo.mydns.jp/uploader/file/Pp16037.tar.html

サイズ 29.1MB (30464000bytes)

ORIGINAL scim-mozc-root_3.0.4.1.tar

ダウンロード後のファイル名 Pp16037.tar

PASS slink

具体的な日本語化の方法は、

1 Pp15900.tarを解凍します。

32bit用と64bit用の2つのファイルが生成されます。

scim-mozc-root_3.0.4.1_amd64.deb (64bit)

scim-mozc-root_3.0.4.1_i386.deb (32bit)

2 端末を起動して apt update を実行します。

3 scim-mozc-root_3.0.0_i386.deb を右クリック、install.deb(s)を実行

4 Do you want to continue? [Y/n]、Yを押して続行します。

5 Done. Press any key to close ... any-keyを押す

6 再起動、完了です。

日本語化した「BionicDog」です。もちろん日本語入力もできます。





「BionicDog」が公開されたことから、またいろいろと楽しめそうです。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿