軽量Linux:artfulpupとantiX 17のデュアルブート環境をUSBメモリーに構築する!

ArtfulpupとantiX 17のデュアルブート環境の構築!

「ライブCDの部屋」にDebian Stretchベースの軽量Linux antiX 17の日本語版が公開されました。

antiX 17は、USBメモリーなどで動作させることを意識したLinuxという情報があったので、早速USBメモリーにインストールしました。

しかし、インターネットにアクセスしての仕事は Puppy Linux を使うことが多いので、Artfulpupとのデュアルブート環境をUSBメモリーに構築しました。

上記のように32GBのUSBメモリーをパーティションに分割して、/sdb3 にPuppy Linux、/sdb4 に antix 17 をインストールしました。

実際は、/sdb3 のパーティションに Autfulpup と BionicDogを共存させているので、antiX 17 を含めると、トリプルブートのUSBメモリーを構築したことに なります。

実際に使ったUSBメモリーです。1000円前後で手に入れることができます。以前は、amazon で900円台で販売していましたが、何もかも高くなりましたね。

スポンサーリンク





とても小さなUSBメモリーですので、ノートパソコンの本体に差しっ放しにしても気になりません。

このUSBメモリーを知ったおかげで、購入するノートパソコンは「シンクライアント」ばかりになりました。ハードディスクやSSDの容量は数GBのものを購入して、USBメモリー上でOSを起動して仕事に使っています。

antiX 17 のインストール!

 まず、antiX 17 のインストールDVDをISOファイルから作成しました。

ISOファイルのダウンロードは 「ライブCDの部屋」さんから行いました。

作成したインストールDVDです。



DVDから antix17 を起動して、USBメモリーの /sdb4 のパーティションにインストールしました。

対話形式でメッセージ通りに行えば、インストールは終了しますので、問題はないと思いますが、GRUBのブートローダーをインストールするときに、MBRを ではなく rootの方を選択した方が良いと思います。

Puppy Linuxの「Grub4Dos ブートローダーの設定」でブートローダーを作成するときに、antiX 17を起動するのが難しくなります。

以前の antiX 15などは、Puppy Linuxの「Grub4Dos」だけで、antiXを認識してくれて簡単にデュアルブートが実現できたのですが、antix 17 になってからは うまく動作させることはできませんでした。

Puppy Linux でブートローダーを作成!

/sdb3 に ArtfulPupをインストールして、「Grub4Dos ブートローダーの設定」を起動、ブートローダーを背ってします。

その後、menu.lst をエディターで開いて下記のように修正します。

修正場所は、antix 17の部分だけです。



実際に修正した部分です。

# Full installed Linux
title AntiX 17 (sdb4/boot)
root (hd0,3)
makeactive
chainloader +1

おそらく環境によって変えなければならないのは、(hd0,3)の数字の部分だけだと思います。

antiX 17 を起動してみました。



Artfulpup を起動してみました。なお、壁紙はデフォルトのものから変更しています。



ついでに BionicDogです。



ほとんどの仕事は、Puppy Linuxで事足りるのですが、Unixのコマンドを使用したいときなどに、antiX 17 や BionicDog の力を借りることが良くあります。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿