軽量Linux:antiX 17 日本語版が公開!

antiX 17 日本語版が公開 ライブCDの部屋

久々に、Puppy Linux以外の話題です。

ライブCDの部屋」を訪れてみると、また新しいLinuxが日本語化されて紹介されていました。

少し前までは、あまり更新されなくなっていたので、心配していましたが、以前と同様、精力的に活動してくれているようです。

antiX 17 日本語版

antiXは軽量指向のディストリビューションです。debianベースとしてはdebian-dogとならんで最軽量のディストリのひとつになっています。

antiX 15の時は、CDに収まるほどの容量でしたが、それ以降は、DVDでないと収まらないサイズになってしましました。

しかし、antiXの軽量さはずっと継続されています。WMにicewm、jwm、fluxboxを選べ、どれも軽快に動作します。

さらに、軽量版にありがちな設定に苦労することはなく、高機能な独自のコントロールセンターを備えているので安心です。

スポンサーリンク



少し、antiX 17について調べてみました。

1 まずはデスクトップ画面です。すっきりしていて好感が持てます。



2 デフォルトで導入されているブラウザーは Firefox ESR Ver52.5.2 でした。



3 antiXのシリーズは、いつもオフィスアプリケーションが導入されています。LibreOffice Ver 5.2.7.2です。そのままの antiX だけで、一般的な仕事ができるように配慮されています。





「ライブCDの部屋」にはこの他、ZorinOSなどの日本語化された魅力あるLinuxも公開されています。

ぜひ、訪れてみることをおすすめします。


スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿