軽量Linux:XenialDogにブラウザーをインストール!

XenialDogに役立つブラウザーをインストール!

このブログの記事は、

USBメモリーからも起動できるXenialDogを使い、安定した仕事環境を整える!

続きの記事になります。

今回は、日本語化されたXenalDogに役立つブラウザーを導入することを考えます。

XenialDogにブラウザーをインストールする2つの方法!

1 sfs形式で提供されたブラウザーを導入する方法

2 一般的なUbuntuのdeb形式で提供されたブラウザーを導入する方法

1の方法で導入することができる場合は、簡単にロードやアンロードができるので便利です。

僕が良く利用するのは、LxPup - Puppy Linux + LXDELxPup - Puppy Linux + LXDE です。

上記のウェブサイトの Home / Other / LxPupSc / browsers をみるとたくさんのブラウザーのSFS形式が提供されていることがわかります。

ここでは、

最新版の palemoon.sfsと、vivaldi_1.11.890.4_lxsc.sfsをインストールしてみました。

スポンサーリンク



インストールの方法は簡単で、拡張子 sfsをaquashfsに変換して、XenialDogの「casper」フォルダーの中の「modules」にコピーするだけです。



XenialDogではここに置かれたものは起動時に読み込むようになります。

PaleMoon を起動してみました。



PaleMoonをインストールすると同時に、「palemoon updater」もインストールされるので、いつでも最新版を使うことができます。

Firefox Quantumでは使用できない 旧Firefoxのアドオンを使いたいときに、PlaleMoonは威力を発揮すると思います。



同じように、sfsをaquashfsに変換する方法で、vivaldi も導入することができました。



vivaldiは、Chromeの膨大なストアアプリを使うことができるので、仕事にストアアプリを使っている方は重宝すると思います。

2番目の方法は、debファイルをインストールする方法です。僕は、slimjet_i386.deb をこの方法でインストールしました。

UbuntuやDebianでは、もっとも一般的な方法になります。

XenialDogの「メニュー」→「システム」→「Install deb + dependencies」を選択すると、依存関係のあるライブラリなども同時にインストールしてくれるので安心です。



SlimJetを起動してみました。最近このブラウザーを使って良く仕事をするようになりました。



スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿