軽量Linux:Ubuntu 16.04 の軽量版 LinuxBeanー過去記事(修正)

LinuxBean 16.04 が公開!


僕が、Linux をはじめたころに、出会った linxBean あまりの使い勝手の良さに感動したことを覚えています。

いろいろ調べているうちに、開発したのは日本人だということがわかりました。

作者のウェブサイトである舞台袖 linuxbean には日に何度も訪れたりしました。

バージョンアップしたことを知ると、その日のうちにインストールしたことを思い出します。

先日、書いたように、linuxBean の作者は熊本地震の影響をうけてしまい、現在開発が中断されています。「ライブCDの部屋」さんがlinuxBean 16.04 という形でバージョンアップしてくれています。

当時の僕は linuxBean に対して次のようなことを書いています。(現在に当てはまるように修正しています。)

Ubuntu 16.04 の軽量版の LinuxBean ( リナックス ビーン ) は32ビツト CPU 用の OS としては、軽量・高速ディストリビューションの Linux という感じです。

今までに確認した中で、最初から日本語対応になっていて、豊富にアプリが有り、しかも業務にも使えるレベルのものとしては、最軽量で、最速な Linux という評価がされていました。

今でも、その評価は変わらないと思います。

linuxBeanは当然Linuxの仲間ですので、次のような特徴があります。

linuxBeanのメリット

1.セキリュティ最強。

2.ウイルスの標的になることは少ない *僕はlinuxを使っていて、被害の出るウイルスに感染したことはありません。

3.Windowsより遥かに安定。

4.インストール時間はMS Windowsに比べて大幅に短縮。何度も「再起動」を要求されることはありません。

5.LiveCD・DVD機能を利用して、外出時にどこでも自分だけの環境作成可能。

ここに上げた項目の中で、僕が一番気に入っているのは、2番と3番です。

デメリット 1.動作するソフトがWindowsに比べて少ない。(windowsでよく使う基本的なソフトは無料の物に置き換えられています。例:オフィスLibreOffice ・簡単なゲーム・年賀状作成・ペイントGimp・HP作成などなど)

2.設定が少し面倒。(わからない設定は、検索すればすべてわかります)

まず、インストールして驚かされたのが、常駐で使用される RAM ( メモリ ) が 167MB 程度 ( チェック用のアプリのメモリ使用量を含む ) しかなかった事です。これなら軽快に仕事ができそうです。



linuxBean 16.04 のインストール

早速、linuxBean 16.04 をインストールしてみました。

Ubuntu 16.04 Xenial Xerus は 2021年4月まで、サポートされるので、しばらく安心して使えそうです。



懐かしい画面がよみがえってきました。

最初から日本語やwineが使えることに改めて感動しています。

下の図は、Wine 環境で ワードパッドを起動して、日本語入力しているところです。



デフォルトのブラウザーは以前の「Opera」から、「PaleMoon」に変更されています。つい最近まで「Opera」バージョンのlinuxBean 16.04も公開されていましたが、今はなくなっています。



何といっても linuxBean の素晴らしさは、この「linuxBean 設定ウィザード」にあります。ほとんど必要だと思われるアプリケーションなどを簡単にインストールできてしまいます。



スポンサーリンク





スポンサーリンク


0 件のコメント :

コメントを投稿