軽量Linux:linuxBeanに効率よく文章を作成できる多機能テキストエディター「Mery」をインストール!

かゆいところに手の届くテキスト編集機能を多数搭載した「Mery」をlinuxBeanにインストール!


MS WINDOWS用に開発されたテキストエディター「Mery」はかゆいところに手の届くテキスト(文章)編集機能を持っています。

例えば文字列検索機能では、一般的には、[検索]ダイアログボックスを呼び出してから文字列を検索するのですが、「Mery」なら検索したい文字列にキャレット(入力カーソル)を合わせて[Ctrl]+[Shift]+[↓](もしくは[↑])を押すだけです。

また、文字数のカウントもテキスト編集では重要な機能です。「Mery」なら、選択した範囲に含まれる文字数がウィンドウ下部のステータスバーに表示されます。

検索機能

「Mery」という文字列を検索したところ



選択した範囲に含まれる文字数



さらに、 1行の折り返し文字数を直感的に変更できるのも「Mery」ならではの機能となっています。画面上部のルーラーをクリックすると、縦に直線が出現する。そのまま左右にドラッグすれば、1行の文字数をすばやく変更できます。



こんな便利な「Mery」ですが、簡単に「linuxBean」や「PuppyLinux」で動作させることができました。

もちろん、「Mery」はもともと MS WINDOWS用のフリーソフトなので、実行には「Wine環境」が必要です。

「linuxBean」であれば、インストールを終えた時点から「Wine環境」は整えられています。


「Mery」のインストール!

1「Mery」を下記のリンクからダウンロードしました。

https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/mery/

2 「Mery」のインストール

ダウンロードした「Mery」のセットアップファイルをクリックします。





「はい(Y)」をクリックします。



ウィザード通りに進めるとインストールは簡単に終了します。



ここで、「Mery」を起動して、日本語入力をしようとすると、何も入力できません。その時は「Mery」の「メニュー」→「ツール」→「オプション」を開いて、

「返還集の文字列を挿入モードで入力」にチェックを入れます。

これで、日本語も入力できるようになります。



スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿