軽量Linux:Puppy Linux 自動作成スクリプトがバージョンアップ!

Single script to build a Puppy automatically from woof-CEがバージョンアップ!無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!

 Puppy Linuxの自動作成スクリプト 「Single script to build a Puppy automatically from woof-CE」 がバージョンアップして、「language translators」 機能が追加されているようです。  
日本語化がうまくできるかどうか確かめたい気持ちはあるのですが、仕事に追われているので、もう少ししてから挑戦してみたいと思います。 Puppy Linuxのフォーラムを読んでみると、

0.1.1 Added button for opening local-repositories/pets2add/ directory for drag/drop user-dotpets to add to build. と書かれています。

つまり、ocal-repositories/pets2add/ に 自分が追加したい pet を導入すると、ISOファイルに組み込んでくれそうな感じがします。

操作方法は GUIなので簡単にできそうです。





 まだまだ、レポートとしては不完全なので、あらためてこのテーマについては書きたいと思います。

マウスコンピュータおすすめ商品
マウスコンピューター/G-Tune

電脳卸 おすすめ商品


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿