軽量Linux:Puppy Linux 自動作成スクリプトがGUI化!もうだれでもPuppy Linuxが作成できる!

もう誰でもお気に入りのPuppyLinuxが作成できる!無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!

 おはよございます。今日もPuppy Linuxを起動して、サクッとメール、スケジュールのチェック。いつもと少し違うのは、自分が選択したデストリビューションとカーネルで作成したPuppy Linuxで仕事を開始していることです。 昨日、Puppy Linuxの本家フォーラムを訪れて衝撃を受けました。なんとあの Auto-build woof-CE Pup using single script が GUI化されていて、非常に使いやすくなっていました。

 自分好みの、「distro base」や「Huge kernel」をプルダウンメニューから選択するだけで、Puppy Linux を作成してくれます。



では、具体的な方法を解説したいと思います。

1 まず、Auto-build woof-CE Pup using single script with optional gui から 「makepup.tar」をダウンロードします。現在のバージョンは 0.0.8となっています。

2 ダウンロードした「makepup.tar」から 拡張子 「tar」を削除します。

3 スクリプト「makepup」が実行できるように、下記のコマンドを端末から実行します。

chmod +x makepup



3 つづいて、

makepupがあるディレクトリで、下記のようにスクリプトを実行します。

./makepup

ネットに接続したあと、



の画面が現れて、Puppy Linuxを作成できるようになります。

数時間経過した後に、Puppy Linuxの ISOファイルが woof-out_*/woof-output-* に作成されていると思います。

マウスコンピュータおすすめ商品
マウスコンピューター/G-Tune

電脳卸 おすすめ商品


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿