軽量Linux: 軽量Linux:Xenial JWM noPAEとSlacko700 PAEの自作Puppy Linux!

自作PuppyLinuxの魅力!無料のOS PuppyLinux を 仕事に使っているけれど問題なしの僕の経緯!

自作Puppy Linuxといっても、本家 PuppyLinux フォーラムで紹介された 「Auto-build woof-CE Puppy using single script」で自分の好みの デストリビューションを選択するだけなのですが、出来上がった Puppy Linuxは完成度が高く、とても気に入っています。

今まで、3つのPuppy Linuxを作成してみました。そのうち2つを紹介したいと思います。

1 一つ目は、Xenial JWM noPAEです。

名前のようにベースは Ubuntuの Xenial noPAE 版です。





Linux Kernelは、4.9.13 となっています。

2 次に作成したのは Slacko 700 PAE版です。

SlackWareベースで、現在提供されているもっとも新しいものを作成したつもりです。





Linux Kernelは、 4.4.70となっています。

どちらも使いやすい Puppy Linuxになっています。

「Auto-build woof-CE Puppy using single script」は、自分でOSを作成できるということを実感できるスクリプトです。ぜひ、活用してみてください。

マウスコンピュータおすすめ商品
マウスコンピューター/G-Tune

電脳卸 おすすめ商品


スポンサーリンク





スポンサーリンク


関連コンテンツ



0 件のコメント :

コメントを投稿